Enterprise Convictions

太陽光発電は地球にも人間にも優しい発電方法

発電による廃棄物や大気汚染がない

これまで電力需要の大半を担ってきた火力発電や原子力発電は電力を効率的に確保するには良い発電方法でしたが、放射能を含む廃棄物が出たり大気汚染を引き起こす原因にもなっていました。これは地球環境にもそこに住む人にも悪影響を及ぼし場合によっては健康被害が起きる可能性があります。太陽光発電は発電する事で有害な廃棄物を出したり大気汚染を引き起こす発電方法ではないので地球環境や周辺住民にも優しい発電方法と言えます。

一般家庭にも導入できる

太陽光発電は他の発電方法と違い家庭にもそのシステムを導入する事ができます。火力発電や原子力発電は現実的に家庭に導入するのはコストや安全性の問題で難しいですが、太陽光発電は燃料の確保や危険物の処理などが必要ないので一般家庭でも導入できるのです。導入する事で電力を自給できるので経済的にもメリットがあります。太陽光発電が普及する事はこれまで電力会社に頼ってきた電力を家庭で作れるので電力が供給不足になるリスクを減らせます。

化石燃料などが必要ない

太陽光発電に使うのは太陽光なので化石燃料などは必要ありません。化石燃料を使った発電方法は燃料費によって発電コストが高くなったり、燃料自体が枯渇した場合は電力を作る事ができなくなってしまうので電力の供給不足に陥る危険性があります。太陽光発電の場合は燃料自体を購入する必要がないので発電コストが抑えられますし、燃料がとれる地域からの供給が止まる事で発電ができなくなるようなリスクがないというメリットがあります。

太陽光発電の価格の変化を見極めるうえで、信頼度の高い電力会社のカスタマーサービスを活用することがコツです。