Enterprise Convictions

効率良く引越を終えるためにやるべき3つの片付けポイント

部屋を片付けながら荷造りする

引越はバタバタしてしまうため、計画的にかつ効率的に進める必要があります。引越当日までに使用しない物を先に荷造りすると良いでしょう。このとき、片っ端から進めるのではなく、片付けをしながら荷造りすると良いです。少しずつ荷物を整理し、部屋が散らからないように注意しなければなりません。散らかしてしまうと、何をどう荷造りすれば良いか分からず、片付かない可能性があります。極力無駄を省くことが必要なので、少しずつダンボールに積めていき、その数を増やすように進めましょう。

何をどこに入れたのか分かるようにする

荷造りする際、必ず何がどこに入っているのか分かるようにすることが必須です。ダンボールに荷物を入れ、それと同時に『何が入っているか』のメモがあれば、引越先での荷解きの苦労がなくなります。すぐにでも生活を始められるようにするには、必要なものを優先して取り出さなければなりません。そのとき、それを探すためにダンボールを何箱も開けてしまうと、ぐぎゃぐぎゃになり、新居が片付かなくなる恐れがあります。それを避ける方法がメモになるので、忘れないようにしましょう。

荷解きは片付けをしながら

新居で荷解きをする際、優先すべきは生活に必要なものから取り出すことです。その後は少しずつ荷解きをし、部屋を整えていきます。片っ端から荷解きすると、部屋が汚くなる恐れがあるので注意です。一つのダンボール箱を開けたら、それをまず空にします。その荷物を片付けた後に次のダンボールを開けます。これによって無駄に散らかすことなく、少しずつ片付けられるようになるでしょう。ただし、時間がかかってしまう方法なので、どの部屋から片付けるのか計画を立てることが必須です。

新しい家具を買った時、不用品の回収は家具屋さんに有料で頼むより粗大ゴミとして出した方が安くすむことが多いです。価格は自治体により異なるので、ホームページ等で確認してください。