Enterprise Convictions

失敗しない起業の手段!確実な3パターンを紹介

在庫がないビジネスをする

現代では、起業への障壁がどんどん下り、起業がより身近な選択になりつつあります。しかし、たとえあなたがどんなに優秀な人だとしても、始めの事業選択を間違ってしまうと、成功する確率はぐっと下がってしまいます。起業で成功するには失敗しにくい事業選びをすることが大事です。ポイントの一つ目は、在庫を持たなくて良い、もしくは少ないビジネスをすることです。例えどんなに良い物であっても、激しい競争の中で、さらに良い商品が出て来ないとも限りません。こちらも改良すれば、旧商品の在庫を抱えることになります。こうして売れない在庫が増えるのは失敗するパターンの一例です。

利益率が高いビジネスをする

利益率はビジネスをするにあたって大変重要です。利益が全てではありませんが、例えどんなに売り上げを上げていて、同じだけ費用がかかる、もしくはさらに大きな費用がかかっていれば、利益はありません。利益がなければ、会社は存続していけないですよね?特に起業した始めは、初期投資がかかりますし、お得意さんもついていないでしょうから、利益が出にくいです。そこでさらに、利益率の低いビジネスをしていたら、いつ、利益を上げて、損益通算でプラスになるかわかりません。利益率が高いビジネスが断然有利と言えます。

小資本で始められるビジネスをする

インターネットの普及や、1円から株式会社が始められるなどの理由で、個人の力がより重要な時代になりました。個人や数人でまず始めるならば、小資本で始められるビジネスが有利です。大きな投資をして、もし市場の環境が変わったり、競合がより良い商品、サービスを打ち出したら、その投資は無駄になってしまいます。始めは小さくスタートし、小さくな成功体験を繰り返していくことが大事です。小さな成功なくして、大きな成功もありません。今や全世界で広がっているFacebookですら、最初は大学生だけのユーザー規模だったのです。小さな資本から始めるのは、成功の原則と言えます。

フランチャイズ加盟店としてなら、未経験者でも高い確率で事業を軌道に乗せられます。本部からの高度な支援を受けられるからです。相応の対価は求められますが、代償としては微々たるものだと言えます。