Enterprise Convictions

自作できる電気製品、パソコンを組んでみよう

パソコンを自作してみよう

電化製品を売っている店に行けば必ず売っているパソコンですが、実は自作できるのです。一見難しそうに見えるパソコンの自作ですが、基本的な構造は同じです。使用しているパーツが違うというだけでその性能が左右されているのです。また、組むのが難しそうに思えるかもしれませんが、実際はプラモデルを組むような感覚で組み立てることが出来ます。ただし、静電気には非常に弱いので注意が必要ですし、場合によっては既製品より高くなってしまいます。

自作だからこそ色々出来る

既製品として売られているパソコンには様々なウリが書かれています。しかし自分がパソコンでしたいと考えているものにそれほどのスペックが必要なかったり、その逆である場合があると思います。そんな時に自作出来れば自分の目的に合ったパソコンを作り出す事が出来るのです。既製品のパソコンにはプリインストールされているソフトが多数あり、殆ど使用することもないという方もいると思います。だからこそ自作して必要なソフトだけをインストールといった使い方も出来るのです。

自作だからこそ気をつけたいこと

自作すれば自由なパソコンを作り出すことが出来るのですが、注意したい点があります。それは製作者は自分自身であるということです。そのため動作不良が起きた際の修理などは全部自分で行う必要があるのです。なにせ作ったのは自分です。そのメンテナンスも出来なければならないのです。また、組む途中で分からなくなった場合も補償はありませんので最後まで組むことを目標に完遂しましょう。ただ、パソコンショップでは代理で組んでくれるところもあるようですよ。

注文先から配線図などを受け取り、それを元にCADなどでパターン図を書き起こします。プリント基板設計の作成には配線図の他に部品リストや基板の外形資料も必要となります。