Enterprise Convictions

多ジャンル化が進む時代だから!代理店契約の種類も多種多様

ファーストフード業界ではフランチャイズが当たり前

ファーストフード業界においては、新規出店のほとんどがフランチャイズ契約によって行われます。直営店ではなくて、外部からオーナーを募ってその人に最低限の出資をしてもらい、経営もその人にしてもらうわけです。設備や商品については、本部で用意しておいてもらえるので、オーナーとしてはまったくノウハウを持たないままで独立開業にこぎつけられるというメリットがあります。ハンバーガーショップや回転寿司店など、ファーストフードにもいろいろあるので好きなものを選べます。

手軽に始めるならコンビニで決まり

代理店契約は、初期費用が安く抑えられる点が魅力的ですよね。その中でもコンビニは、代理店契約の中でも最安値で出店までこぎつけることができると評判です。初期費用は三百万円ほどでいいので、大変リーズナブルになっています。コンビニの建物は極力安く作れるようにシンプルにデザインがされていますし、商品は本部から持ってきてくれるので手間がかかりません。商品もすぐに腐ってしまうものは少ないですから、安定的にスタートが切れることでしょう。

外車販売のディーラーも多くは代理店

外車販売をしているディーラーも日本にはたくさんありますが、これも代理店契約であることが多いです。ノウハウや商品を本部から送ってくれるのはコンビニ等と同じなのですが、この場合には本部が海外に存在することになるので、少々大変ではあります。取り扱っている商品の額も高くなりますから、リスクは大きいはずです。ただ、その分一台売ればかなりのリターンがもらえます。経営が安定すれば、大きな利益が生み出せるので、これも悪くない選択だと言えます。

代理店の募集を出すときは、やはり相手方が信頼できる人間であるか、という見極めがまず大事になってきます。